選ばれし者たちへ

選ばれし者たちへのメッセージです

大人とこどもにっついて

 大人とこどもの違いについて

 

 そんなこと言われんでも分かっとるわい!

 と、ヤジが飛んできそうですが^^;

 

 基本的に分かってないと思うから、書いておかないとと思うわけです。
 若者たちは、どういう人を大人と思っているのか?

 嫌な仕事も一生懸命頑張って生きていく人!なんて思ってませんか?
 はい!その時点で失格です^^;

 

 割と周りと合わせることが出来、輪の中に溶け込む賢い人!なんて思ってませんか?
 はい!その時点で失格2乗です←なんじゃそれ!!と言われそうですが。

 

 これらの世間一般で大人的な振る舞いをしている人がこどもなんです^^;


 え~マジで!何で!と聞かれると思いますが、それはまた次回に!って書いたら怒られますね^^;

 

 これらの人たちに欠けているモノは何でしょう?
 それは主体性です!自分という確固たる存在の主張です。

 

 人の言うことを聞く人はこどもなんです^^;
 何も知らない人は、他人の話を聞くしかないでしょう?

 

 嫌な仕事を一生懸命やるしか道を知らない人なんです^^;
 他人の輪に溶け込むしか道を知らない人なんです^^;

 

 本当の大人とは、自分の意思をしっかり持っており、その意思を貫くために頑張る人。

 

 金持ちになりたい!という意思があれば、嫌な仕事も一生懸命頑張るんじゃないですか?
 という小学生並みの質問が飛んでくると思いますが^^;

 

 では、何故金持ちになりたいと思ったんでしょう?
 もしかしたら、金持ちが良さそうに見えた!なんて小学生みたいな答えしかないってことはないですよね^^;お金さえあれば幸せになれる!お金さえあれば何でもできる!とか思う小学生並みの考えではないですよね^^;

 

 見た目で騙されるのがこどもというものなんです^^;大人は、見た目ではなく本質を気にする。

 

 例えば、お金持ちになる過程に何があるのか?そして、お金持ちになった先に何があるのか?


 お金持ちになるには、他人を欺かねばならない!もちろん、自分にイチロウのような才能があれば別ですが、普通の人は周りの競争相手に勝たなければお金持ちになれません^^;


 そこで正直でいることは不可能でしょう。他人を欺き自分を欺かなければ、他人に勝つことは出来ない。で、その先に何があるのか?欺き続けた先にあるのは不安だけですよ。今のポジションをどうやれば守れるのか?


 世の中どう変わるか分からないので、今日の勝ちが明日の保証なんてしないんですよ。その怖さを感じるから、彼らは贅沢に走るんです!気の小さい動物ほど大きく見せようとするのと同じように。


 もちろん、そんな世界と分かっていて入っていくのは大人と言えるでしょう。だけど、そういう地獄に分かっていて進んでいくことは暴挙と言うべきだと思います^^;

 

 他人の輪に溶け込む、あるいは周りに配慮する人は、これまた怖がりのこどもなんです^^;


 みんなと一緒であれば怖くない!こどもが母親から離れないのと同じこと。

 

 本当の大人とは、独立独歩で自分の道を進む人の事です。前にも書きましたが、孤独を嫌がる人は、小学生と同じで見えているモノしか見れないという人です。自分に親が二人いるということで、その先にいる数えきれない先祖たちの支えを感じれる人は、孤独を怖がりません^^

 

 まあ、人間は生まれてくるときも死ぬときも一人なんですから、怖いと思う方がおかしいんです。恐らく、「一人は寂しいよね!」みたいなこどもじみたセリフに同調しちゃったんでしょう^^;

 

 はてさて、君たちは今大人ですか?それとも、まだまだこどもでしょうか?


 大事なのは、常に自覚ですよ^^

 

 だって、誰だって最初はこどもなんですから^^
 こどもの発想から始まっているわけで、その発想をどうやって大人に変えてくかというのが大事であろうと思います。

 

 この発想の転換を邪魔しているのが学校なんですよ^^;


 全くと言っていいほど役に立たない知識を教えて、それを採点し順位をつけるというこどもじみた発想が、こどもの発想を大人の発想へと転換できない原因なんです^^;

 

 小学校から始まり、大学を卒業するまでの16年という長い期間に、こどもの発想に付け込まれては、余程のことがない限り、発想の転換を図ることは出来ないかもしれません。

 

 学校で暴れるこどもたちを悪い子という扱いをしますが、彼らはごくごく自然の反応をしているに過ぎず、それを悪い子と揶揄し見せしめにすれば、こどもの発想は更に強固になるものと思います。

 

 切れる大人という言葉が飛び交う昨今ですが、大人は切れません^^;
 それはこどもです!が正解なんです。

 

 まあ、今の世の中こんな風にあべこべになったことがたくさんあります。
 それをあべこべ社会と名付けたいと思います^^←別のサイトで「あべこべ社会」について綴っていますので、興味のある方は読んでみてください。

 

 

選ばれし者たちへ

 今日もアイドルの薬物疑惑がニュースになっていました。


 宗教にすがる人、薬物にすがる人、お金にすがる人、世紀末を騒ぐ人、ゲームの世界に逃げる人、などなど、何でこうも人間は弱っちいのか?と思うわけです。


 たまに見るのは、自分より弱い者に対して威張って強そうに見せる人に、戦争に行く勇気もない癖に国家の武装化を叫ぶ人、絶対に反撃されない政府に対して勇ましく言いたい放題言ったり、デモ行進で自分を鼓舞したりする人などなど、そんなのは臆病者の王者みたいなものであり、情けないとしか言えない。
 
 全ての共通しているのは現実逃避以外の何者でもないと断言して良いでしょう^^;
 現実と向き合わない限り答えは出ません!!
 答えが出ない限り前に進むことも出来ません。
 答えを出せない、いや前に進むのが怖くて出せないのかもしれない。

 そうやって人生を終えていくつもりなのでしょうか?と聞きたい^^;

 きっと、死ぬことが怖いんですよ。人間は必ず死にますからね。
 だから、それから目を背けるんです。前に進むとは死に向かうことであり、いつまでも前には進みたくないんです。もちろん、それを意識してやっているわけではないですよ。無意識な自己防衛本能みたいなところでやっているから自分でも気づかないと思います。

 でも、どこかで怖がっているんです。だから、何かにすがるんです。
 このままで良いとは思えなくても・・・・

 困ったもんですね^^;
 きっと、それを教えてくれる人がいないのでしょう。

 でも、そんなの関係ない^^;
 そんな大事なことは、気づくはずなんです!

 ただ、前さえ見れば・・・・目を開けされすれば・・・・
 運命は、それを求めて来るんです!!

 何故って、それがこの世に生まれて来る者の使命だからでしょう^^
 選ばれて生まれて来るんですから、それなりの責任はありますよ。

何故、嘘をついてはいけないのか?

 簡単な質問ほど難しいものです。
 
 例えば、嘘をついてはいけない!って誰もが知っているが誰もが守らない^^;
 それは、嘘を何故ついてはいけないか?ということを知らないからなんです!
 
 何故?嘘をついてはいけないか。
 嘘つきは泥棒の始まり!って程度の認識しかないのでは?
 ちょっと気が利く人は、他人を困らせる?悲しませる?なんてことを答えるでしょう。
 あるいは、オオカミ少年の話を思い出す人もいるでしょう。
 嘘ばっかりついてれば、他人から信用されなくなるってね^^;

 頭が良ければ、嘘は時として犯罪になるからって答えるかもしれない。
 
 でも、全部不正解です^^;

 もちろん、間違いではないですよ。だけど、正解ではないんです。
 
 嘘は他人を欺くためにつく!と思う人が多いでしょうが、他人を騙す嘘は実は自分を騙していることを忘れているんです。騙すという行為は、他人に対してのみ行われるのではなく、それと同時に自分に対しても行われている。
 
 つまり、嘘とは自分を騙す行為だからダメなんです!
 
 いいじゃん!それくらい。そうでもしなきゃやってらんねえ!!!って怒られそうですが^^;
 
 つまり、現状から逃げる行為が嘘をつくことなんですよ^^;

 そうやって嘘をついて誤魔化していると、次第に本当が分からなくなるんです。
 本当の自分が見えなくなるんですよ。
 
 じゃあ、今の自分は誰なんだ!って思わなきゃダメですよ^^;

 もちろん、それは分かりません。だって、本当の自分が消えた以上、それが誰かを判断する術がないのです。
 
 嘘とは麻薬と似てるんですね。使ったときは一時的に楽になるかもしれないが、一つの嘘が山のような嘘を必要とする。そして、もう嘘なしでは生きれなくなる。
 
 だけど、全てが嘘だから何も満たされることはなく、渇望感だけが襲ってくるんです^^;
 
 飽くまで想像の域を出ないのですが、それは無限地獄かもしれません。

 その苦しみから逃れるには、嘘を消していかなければいけない。だけど、それは麻薬を絶つときの苦しみを引き起こすことになるでしょう。

 何故、人が麻薬に手を出すのか?それが、人は何故嘘をつくのか?と同じアルゴリズムになっているんです。
 
 とは言え、嘘とは想像の産物であり、他の動物にはありません。人間の能力が優れるために備わったリスクであると思います。だから、嘘をつかなくても良い社会にしなければいけないと私は思うわけです。
 
 今人に嘘をつかせる最も大きな原動力はお金でありましょう。お金を得る為ならどんな嘘でも平気でつくようになってきていると思います。その嘘で得たお金で麻薬を買えば世話なしなんですが^^;
 
 でも、お金を得て不幸になりたい!と思っている人は一人もいません。全ての人の願いは幸せなんです。だから、全てはそこから再構築すべきだと思います。だから、個々人が、自分の本当の幸せは何なのか?を見つけ出すことから始めなければならない。
 
 それを省いたからこういう世界になったんですから^^;
 

真実を見極める術

 真実を見極めるのはとても難しいです^^;
 
 何故なら、嘘が段々巧妙になり分かりづらくなったから。
 バーチャルリアリティという仮想現実が登場したことでそれは分かるんじゃないでしょうか?
 
 こういう時代に一体何を信じて進めばいいのか?

 今日はそのことについて話したいと思います。
 嘘は真実のフィルターに弱い!←なんじゃそりゃ!!と怒られそうですが^^;
 
 真実のフィルターになるのは格言と言われるモノです。
 私が指標とする代表的な三つの格言を紹介します。
 
 実るほど頭を垂れる稲穂かな!
 朱に交われば赤くなる!
 能ある鷹は爪を隠す!
 
 偉そうにしている者ほど中身がない!
 人間が悪いんじゃなくて社会が悪いんだ!
 結果をひけらかす者ほど能力はない!
 偉い人を見習うと危険ですよ!
 人間を悪く言う人は悪い人です!
 勝ち組と奢っている人はもう勝てません!
 
 てな具合でしょうか?

 人間というものは一人では生きれないし、一人では決められない、実に弱い者です。
 でも、だからこそ他人を必要とする優しい存在でもある。誰かが誰かを必要とするから巡り巡って自分が必要とされることを忘れないでください。
 時々、自分は必要とされない人間なんだと卑下している人がいますが、それは、誰かを必要としてないからなんです^^
 
 未来の諸君は、こうした真実のフィルターを使って、実りある人生を送って欲しいと思います。

 人生は誰の言うことを信じるかで決まります^^;
 
 でも、大事なのは間違ったと思ったら直ぐに修正することです。
 
 過ちを改むるに憚ることなかれ!
 
 最後はこれで決まります!
 間違った選択は間違った結果でわかりますよ^^
 
 結果を見て、どの選択が間違ったのか?
 キチンと考えていれば直ぐに分かります。
 でも、他人を真似ていると分かりませんので・・・
 
 

発する言葉の意味について

 人は他人から言われたことでキズつくという性質があります^^;
 でも、これは誤解なんですがね・・・・

 実は発する言葉というのは、発した相手のことを言っているわけではない!
 という、恐るべき真実があるんです^^;

 それは、どういうことかと言えば、自分のことを言っている!ということなんです。
 酷い言葉を発する人は、酷い人生の中にいる!
 愉快な言葉を発する人は、愉快な人生の中にいる!
 ってな具合に・・・・

 酷い言葉にキズつくというのは、発した人のキズを感じることで起こる現象なんですね。
 つまり、同調という現象です。
 同調するという人は、優しい人なんですね^^
 だから、悲しむことではないんです!
 と言っても、中々難しい事だとは思いますが・・・・
 
 でも、事実はそういうことですので・・・・
 後は、それを本当に理解できれば大丈夫だと思います^^
 
 
 

敵は味方の振りをする

 敵は味方の振りをする!

 以前、放送されていた「小さな巨人」で頻繁に使われた言葉です。
 人は、自分に対してみんなが冷たいと感じるかもしれない。

 きっと、それで寂しい思いもするのでしょう。
 しかし、それは当たり前なんです!

 意味なく優しくする人はいません^^;
 それは自分に置き換えれば分かるのではないでしょうか?

 何も考えずに優しさを受け入れていいのは親だけでしょう。
 好きな人に優しくするのは当たり前ですが、好きな人に冷たくしてしまう人もいるので一概には分かりません。

 そういう点で、自分に冷たい人ほど信用できるんです^^;
 普通は、自分に優しい人を信用してしまうのですが、だから騙される。

 そんなこと言ったら寂しいじゃないですか?
 と言われそうですが、この競争社会で生きる限り、人間は寂しいと言わざるを得ないんです^^;

 人間を人間らしくするためには、この競争社会を壊さなければいけない!
 と、色んな所で叫んではいるのですが、みなさん競争社会が好きなようで^^;

 私は、こういう人間ですから、ネット上で様々な罵声を浴びることも多いのですが、それはそれで素直な人なんだ!と思うわけです^^;

 

 誰を信じるのか?誰の言葉を信じるのか?で人生は決まります!

 もし、人生が上手くいってなければ、それは、信じた人や信じた言葉が間違っているということですよ。

 

 まさか、お金持ちになれば幸せになれる!とか

 人より秀でれば幸せになれる!とか、信じちゃいないでしょうね^^;

 

 自分でしっかり考えないと騙されますよ!

 

民主主義という伝家の宝刀

 今や資本主義という名の宗教の王様の力は絶対であり、いかなる宗教を以てしても太刀打ちできません。
 
 これまでの時代は、悪党やら君主制やら独裁制やら倒すべき相手がハッキリしており、それを倒すことで平和が訪れる、あるいは人々の穏やかで幸せな生活は手に入るという時代でした。
 
 ところが今やこの窮状から抜け出す術がないのです。仕方ないので、北朝鮮が悪いとか中国が悪いだとか、韓国が悪いだとか、ロシアとかアメリカとか総理が悪いとか言ってデモ行進するのが関の山。
 
 でも、そんなことしたって暖簾に腕押しの効果もありません^^;だって、彼らが悪いんじゃないですから。デモ行進しながらも、資本主義という名の宗教を信じる限り何も変わらないのです。
 
 世界中のすべての国を傘下にしている資本主義には誰も逆らえない。そして、何より資本主義が問題と思う人は限りなく少ないわけで、資本主義のお陰で今の豊かな暮らしがあるんだ!って感謝する人が多いのではないかと思います。
 
 資本主義の寵児と言われた人たちも時代と共に消えていき、全ての人が資本主義の奴隷と化していると思います。資本主義によって働く機械とされていく人間。働いてお金稼いだら勝ちなんだと思い込まされて、人生を棒に振ってしまうわけです。
 
 気づいた時には後の祭り!という痛ましい現実を我々は見せつけられているのではないでしょうか?
 
 気づいた人たちがそれを叫べば良いのでしょうが、そんな恥ずかしい事を面と向かって言えるわけもなく、その思いが切れる大人を増やしていることは言うまでもないでしょう。
 
 はてさて、この絶対王者に抵抗する術は果たしてあるのか?
 我々は、お金の支配から逃れることは永遠に出来ないのか?
 
 と、頭を抱え込んでしまうからもしれませんが、実は、良い方法があるんです!
 何を隠そう「民主主義」というモノです。
 
 なんだ~だったら今はそうじゃないの?
 と言われるでしょうが、それは民主主義を知らない人たちのセリフです。
 民主主義とは人間主義であり、お金に支配されないという思いを込めて出来たんです。
 民主主義が多数決という原理によってお金に支配されている限り、それは資本主義の領域を出ないんです。一体、民主主義のどこに多数決というものが出て来るのか?民主主義にそんなことはないんです!
 
 人間主体の世界にお金は介在しない!というのが正しいのです。
 人間世界に必要なのは、思いやりと感謝だけです^^
 
 民主主義は、思いやりと感謝で運営するシステムなんです。
 そこにお金は介在しない。

 万が一、お金を介在させれば、それは資本主義なんです^^;
 まあ、この意味が分かれば良いのですが、大抵の人から見れば、「お前ばかじゃないの!」って言われるわけで、その状況では永遠に民主主義は実現できないと言わざるを得ないでしょう^^;
 
 資本主義という名の宗教の力は誠に恐ろしいモノで、本当を嘘にするし、嘘を本当にする。
 お金が作る嘘に騙された人たちが増えれば、「あれ~なんかおかしいぞ!」と思う人が増えるわけで、今そうなりつつあると思います。これは、飽くまで伝言なので^^;遠い将来、資本主義という宗教の王者と戦うために書いています^^
 
 本当に大事なモノは何なのか?
 自分は何のために生まれたんだ?
 
 という最も単純で難しい質問が、資本主義は苦手なんです^^;
 本来、宗教とはそこから入るのでしょうが、似非宗教の資本主義はそれがないんです。

 だから、厄介なわけで誰も宗教のような警戒感がない^^;
 
 イワシの頭も信心から!という言葉が日本にはありますが、資本というお金も信じれば、それは宗教の一種となるわけです。それを世界中の人が信仰しているわけで、未だかつて、そういう宗教がないのが、資本主義を宗教と認識できない要因であろうと思います。
 
 まあ、どんなに強靭な敵であろうとも、必ず弱点はあるわけで諦めないことが肝要かと思います。
 人間社会はお金が中心であってはいけません!
 人間が中心にあるのが人間社会であり、それを実現できるのが人間主義=民主主義なんです!
 
 言葉にすればこれだけなんですが^^;