選ばれし者たちへ

選ばれし者たちへのメッセージです

勉強するとバカになるのでご用心

 みなさんは勉強して賢くなった人を何人知っていますか?

 私は知りません。
 勉強してバカになった人はたくさん知っていますが^^;

 学校で勉強の出来る人を賢いと思うなら、あなたはバカです(笑)

 勉強できる人は、偉そうでしょう?
 他人をバカにするでしょう?

 もう、その時点で賢いとは程遠いのです。
 勉強が出来る人と仕事が出来る人は同じタイプなんですが、彼らを優秀と呼びます。

 優秀の意味を知っていますか?

 優秀とは、優しさに秀でること。文字がそうなっているから分かりやすいでしょう。
 優しい人は、他人をバカにしたりしません!
 もちろん、他人をイジメたりもしない!

 優しい人とは、思いやりのある人、他人を助ける人なんです!

 そういう人を優秀と呼ぶんです!
 あなたの周りにそういう人は何人いますか?

 大抵は、自分のことばかり。
 他人を蹴落とすことばかり考えている。

 まあ、この世が競争社会でそうしないと自分が生きていけない!というもっともらしい言い訳をすることでしょう。

 実はもう、その時点でバカ丸出しなんです^^;

 ならば、何故、他人を蹴落とさなければ生きていけない競争社会を変えようとしない!

 社会を変えるなんて無理!そんなことが出来るわけがない!

 と、逆にバカを出して威張るに違いない^^;

 そういう難しい事が出来る人を優秀と呼ぶんです!!!
 これは是非覚えておいてください!

 そして、親から勉強しないとバカになるぞ!と言われたのなら、残念ながら、その時点で親はバカなんです←違う意味で、常に親はバカですが^^

 それが学校にまじめに行って、真面目に勉強することで得た結果なんです。
 素直に学校の言う通りに生きることでバカになる。このことを、正直者がバカを見る!と言います。

 優秀な人が溢れる社会を極楽と言います。反対に、バカが溢れる社会を地獄と言います。
 もし、あなたが地獄のように苦しいのなら、周りがバカだらけということであり、極楽のように感じるのなら、あなたの周りに優秀な人が多いということです!

 そんなことを言うのはお前だけだ!とバカにされると思いますが、残念ながらその時点で、言った人がバカな存在であることを証明することになるんです^^;

 バカにされる存在こそ、実は優秀な存在である!
 この世の中はあべこべであり、それをアベコベ社会と言います。

 一生懸命頑張って不幸になるのは、このアベコベ社会のせいだと思います。このアベコベを正さない限り、何をやっても思うような結果を得ることは出来ません。

 

 みなさんが、結果を出せないのはそのせいなんですよ^^;

 選ばれし者たちにはいち早く気づいてもらいたいと思います^^

 

自分は才能がないと思う人たちへ

 大抵の人は、自分には才能がないと思う。
 それは、周りに才能がある人が溢れているからに違いない。
 しかし、冷静に考えて欲しい。
 
 例えば、イチローが凄いと思えるというのがどういうことかということを。
 ネコに小判、豚に真珠という言葉を聞いたことがある人は多いと思う。
 つまり、猫には小判の価値が分からないために、小判を見せても意味がない!ということ。
 
 裏を返すと、イチローが凄いと思えるというのは、その価値が分かるということです。
 つまり、周りに才能ある人が多いと思えることは、そう思えるあなたこそ最も才能のある人である!という結論に至るわけです。
 
 従って、周りに才能がある人が多く見えることはとても喜ばしい事なんです。自信を持っていいことなんです。
 
 人生において最もダメなことは、物事を間違って解釈すること。折角、才能がある事を示しているのに、それを才能がないと反対の解釈をしてしまうことから、全てがおかしくなるんです。
 
 まあ、こういう現象が起こる社会を、アベコベ社会と呼んでいます!

 人間にとって豊かな人生を歩める秘訣は、豊かな視点を持つこと!それは、必然的に、周りを才能豊かが人たちで埋め尽くすことになる。その豊かな才能を如何なく発揮することが一番大事なことではないかと思います^^
 

経験は役割を増やします。

歳を取れば、経験が増えその分、役割も増えるということです!
 
人間は役割を終えることで死んでいく。
つまり、役割がある限り生きなければならない^^;

役割は他人から与えられるものではありません。
自分で気づくものです。
気づいた役割を大事にしましょう^^

それが、自分を大事にすること。
引いては人生を大事にすることになる。
 
歳をとって暇になった人は、与えられた役割で生きた人です。
今度は、長い経験の中から、自分の役割を見つけてみませんか?
 
人生が楽しくなりますよ!
二度とない人生で、最後の最後まで楽しまないともったいないとは思いませんか?