選ばれし者たちへ

選ばれし者たちへのメッセージです

大人とこどもにっついて

 大人とこどもの違いについて

 

 そんなこと言われんでも分かっとるわい!

 と、ヤジが飛んできそうですが^^;

 

 基本的に分かってないと思うから、書いておかないとと思うわけです。
 若者たちは、どういう人を大人と思っているのか?

 嫌な仕事も一生懸命頑張って生きていく人!なんて思ってませんか?
 はい!その時点で失格です^^;

 

 割と周りと合わせることが出来、輪の中に溶け込む賢い人!なんて思ってませんか?
 はい!その時点で失格2乗です←なんじゃそれ!!と言われそうですが。

 

 これらの世間一般で大人的な振る舞いをしている人がこどもなんです^^;


 え~マジで!何で!と聞かれると思いますが、それはまた次回に!って書いたら怒られますね^^;

 

 これらの人たちに欠けているモノは何でしょう?
 それは主体性です!自分という確固たる存在の主張です。

 

 人の言うことを聞く人はこどもなんです^^;
 何も知らない人は、他人の話を聞くしかないでしょう?

 

 嫌な仕事を一生懸命やるしか道を知らない人なんです^^;
 他人の輪に溶け込むしか道を知らない人なんです^^;

 

 本当の大人とは、自分の意思をしっかり持っており、その意思を貫くために頑張る人。

 

 金持ちになりたい!という意思があれば、嫌な仕事も一生懸命頑張るんじゃないですか?
 という小学生並みの質問が飛んでくると思いますが^^;

 

 では、何故金持ちになりたいと思ったんでしょう?
 もしかしたら、金持ちが良さそうに見えた!なんて小学生みたいな答えしかないってことはないですよね^^;お金さえあれば幸せになれる!お金さえあれば何でもできる!とか思う小学生並みの考えではないですよね^^;

 

 見た目で騙されるのがこどもというものなんです^^;大人は、見た目ではなく本質を気にする。

 

 例えば、お金持ちになる過程に何があるのか?そして、お金持ちになった先に何があるのか?


 お金持ちになるには、他人を欺かねばならない!もちろん、自分にイチロウのような才能があれば別ですが、普通の人は周りの競争相手に勝たなければお金持ちになれません^^;


 そこで正直でいることは不可能でしょう。他人を欺き自分を欺かなければ、他人に勝つことは出来ない。で、その先に何があるのか?欺き続けた先にあるのは不安だけですよ。今のポジションをどうやれば守れるのか?


 世の中どう変わるか分からないので、今日の勝ちが明日の保証なんてしないんですよ。その怖さを感じるから、彼らは贅沢に走るんです!気の小さい動物ほど大きく見せようとするのと同じように。


 もちろん、そんな世界と分かっていて入っていくのは大人と言えるでしょう。だけど、そういう地獄に分かっていて進んでいくことは暴挙と言うべきだと思います^^;

 

 他人の輪に溶け込む、あるいは周りに配慮する人は、これまた怖がりのこどもなんです^^;


 みんなと一緒であれば怖くない!こどもが母親から離れないのと同じこと。

 

 本当の大人とは、独立独歩で自分の道を進む人の事です。前にも書きましたが、孤独を嫌がる人は、小学生と同じで見えているモノしか見れないという人です。自分に親が二人いるということで、その先にいる数えきれない先祖たちの支えを感じれる人は、孤独を怖がりません^^

 

 まあ、人間は生まれてくるときも死ぬときも一人なんですから、怖いと思う方がおかしいんです。恐らく、「一人は寂しいよね!」みたいなこどもじみたセリフに同調しちゃったんでしょう^^;

 

 はてさて、君たちは今大人ですか?それとも、まだまだこどもでしょうか?


 大事なのは、常に自覚ですよ^^

 

 だって、誰だって最初はこどもなんですから^^
 こどもの発想から始まっているわけで、その発想をどうやって大人に変えてくかというのが大事であろうと思います。

 

 この発想の転換を邪魔しているのが学校なんですよ^^;


 全くと言っていいほど役に立たない知識を教えて、それを採点し順位をつけるというこどもじみた発想が、こどもの発想を大人の発想へと転換できない原因なんです^^;

 

 小学校から始まり、大学を卒業するまでの16年という長い期間に、こどもの発想に付け込まれては、余程のことがない限り、発想の転換を図ることは出来ないかもしれません。

 

 学校で暴れるこどもたちを悪い子という扱いをしますが、彼らはごくごく自然の反応をしているに過ぎず、それを悪い子と揶揄し見せしめにすれば、こどもの発想は更に強固になるものと思います。

 

 切れる大人という言葉が飛び交う昨今ですが、大人は切れません^^;
 それはこどもです!が正解なんです。

 

 まあ、今の世の中こんな風にあべこべになったことがたくさんあります。
 それをあべこべ社会と名付けたいと思います^^←別のサイトで「あべこべ社会」について綴っていますので、興味のある方は読んでみてください。